TOP > 特集 > 出店のススメ


実店舗を持っている経営者は更なる売上アップのために様々な対策を考えるだろう。
折込チラシを入れてみたり、セールを開催したり・・それでも限界がある。
もっと客を増やしたい、店舗を増やしたい。
こう考えるのは至極当然のことだが、実際問題そうそう簡単に実現できるはずもない。

今ある店舗の場所ではこれ以上客を伸ばすにはつらいかもしれない。
かといって店舗を増やすには資金がかかりすぎる。

もしこういう悩みを持っているのであれば、オンラインショップへ目を向けてみるのはどうだろう。
オンラインショップならば実店舗を持つよりも、はるかに資金面で安く済ませることが出来る。
しかもインターネットは全国レベル。・・・これで一気に有名に・・・・。


と、ちょっと待って欲しい。

インターネットといえど、そのサイト数は例えとはいえ星の数ほどとも言われている。
検索エンジンを利用したとしても、実際にユーザーが辿り着いてくれる確率はわずかなもの・・・。
また、オリジナルのサイトを運営するにはそれなりのスキルもいる。
サイトの運営には思ったよりも根気がいるものだ。
専門知識の勉強や、サイトへのアクセスアップ対策などなど・・。

せっかくオンラインショップを開いてもこれではあまり意味が無い。


ならばこれはどうだろう?

「ショッピングサイトへの出店」である。

出店はいわば、実店舗でいえばデバート・百貨店などのテナントと同じである。
一つ一つポツンと建っている店に比べ、百貨店の集客率は非常に高い。
客側から見ても、いちいち離れた店に行くよりも一度でいろいろ見てまわれる百貨店は便利なもの。




インターネットでも同じである。
すでにアクセス数があるショッピングサイトへ出店するのがだから
最初からある程度のアクセスは約束されているのである。

また、ショッピングサイトへの出店は客(ユーザー)から見ても利点がある。
ユーザーはあくまで一つのショッピングサイトで買い物をすることが出来る、のである。
いちいち1店舗ごとに住所を入力したりする必要も無い。
1度会員登録をすれば、それがすべてのテナントで通用する。

ユーザーの心理状況から考えても出店は有効である。
もし、お目当ての商品が売っているサイトがあったとして、
そのサイトがよく知らない独自のサイトであった時、ユーザーはこう考えるかもしれない。

「ここは信用できるんだろうか・・。」

しかし出店することによって話は変わる。
ユーザーはあくまで、様々なテナントを一つのショピングサイトとして見ているのだ。
このショッピングサイトに入ってる店なら大丈夫なのではないか、と無意識に判断する。

その為、気に入った商品があれば案外容易にカートへ入れていくのである・・。



ここまで読めば「オンラインショップへの出店の利点」は理解出来ただろう。
ならば、どこで出店するのが理想的か・・・。


今のところ、やはり「楽天」が一番有効なのではないか、と思う。
あくまで個人的な利用した感想ではあるのだが、使いやすさ、商品の豊富さ、企画の多さなどからユーザー数も非常に多い。
最近ではインターネットユーザーに限らず様々な層の人々にも名前が浸透している。
一般的な検索エンジンで商品をサーチしてみても、かなりの確率でまず楽天のテナントがHitする。
楽天に出店するだけでいきなり全国クラスといっても過言ではない・・。

また、楽天独自のアフィリエイトサービスも充実し、
ショッピングサイト「楽天」だけにとどまらず、個人のブログ・サイト等からのアクセスも期待できる。

楽天意外ならば「StoreMix(電脳卸)」も独自のアフィリエイトを備え、ユーザーを獲得している。


どんなに有名なサイトになろうとも意外といろんなところに”出店”しているものである。
出店とはあらゆるショッピングサイトに自サイトの”支店”を作ることであり、
そこからの集客はあなどれないものだ。

出店資料の請求は大概無料で行うことが出来る。
もしまだ迷っているのであれば、とりあえず資料だけも取り寄せてみてはいかがだろうか?

− 資料請求 −
右記の「楽天」「電脳卸」もしくは下記のコンテンツより請求可能だ

− 関連 −
インターネットで稼ぐ>ショップ構築・C決済
オンラインサービス>アフィリエイトシステム導入

楽天市場
あらゆる年齢層から大人気の楽天市場。
詳しい知識が無くても簡単ショップ作成が可能なシステムを完備。
出店資料請求は無料。

商品無料仕入戦隊『電脳卸』
電脳卸
ウェブシャーク運営の独自アフィリエイト電脳卸。
卸会員として「ストアミックス」に出店する形となる。
電脳卸の”販売店”会員から広告を掲載してもらえるので効果も高い。


T: